アジアン家具とは、チーク材やバンブーが主流

アジアン家具とは、インドネシア、中国、タイ、ベトナムなどで作られた雑貨を含めたインテリアのアイテムです。材質としては、チーク材やバンブーが主流になっています。家具としては、ソファやテーブル、ベッド、ダイニングチェアー、収納家具、たくさんあります。




そして、それらの家具は、自然の素材を使用しているから、心が落ち着き、優雅でリラックスすることができることから、最近は人気を呼んでいます。アジアン家具を使うことによって、より南国のアジアンリゾートホテルのような空間を作ることができるからなのです。




さて、アジアン家具は、製造現地と日本との天候環境の違いにより、反ったり割れたりする事もありますので、乾燥対策の手入れは必要です。日常的な手入れとしては、固く絞った布で乾拭きして、時々、天然素材専用のワックスを使って磨くことで耐久性もあがり、素材が持つ光沢感も増します。




アジアン家具は、それ本体だけで独特の存在感はありますが、アジアンインテリアをより彷彿させるには、バランス感覚も必要でしょう。アジアン家具やアジアン雑貨のもつ癒しの効果を最大限に活かせる部屋作りを意識して、グリーンと花をコーディネートするのもいいでしょう。


RSS関連リンク


アジアン家具


アジアン家具とは、インドネシア、中国、タイ、ベトナムなどで作られた雑貨を含めたインテリアのアイテムです。 材質としては、チーク材やバンブーが主流になっています。 家具としては、ソファやテーブル、ベッド、ダイニングチェアー、収納家具...


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。