アジアン家具とは、アジアで作られた家具カテゴリの記事一覧

アジアン家具とは、アジアで作られた家具

アジアン家具とは、文字通りアジアで作られた家具のことで、主にインドネシア、中国、タイ、ベトナムなどで作られた、チーク材やバンブーを使用した家具のことをいいます。家具の種類としては、ソファーやベッドなどですが、照明やステンドグラスのようなインテリア小物もあります。




そして、アジアン家具を使うことにより、ゴージャスな雰囲気を出せて、仕事などで疲れた心を癒してくれるリラクゼーション効果が人気の理由です。天然素材を使って、熟練した職人が一つ一つを手作りで仕上げていますから、仕上がりは、他では味わえないほどの高級感が漂っています。




さて、アジアン家具の選び方ですが、素材選びが大切な要素になってきます。アジアン家具の素材は、なんと言ってもインドネシアのチーク材が失敗がなく、バリのリゾート感を出すにはもってこいの素材です。天然木フレームのミラーを置くと他の邪魔にならなく、一点輝く存在になります。




アジアン家具に囲まれた、暖かみのある心地よさと、ゴージャス感のある生活は本当にいいものです。アジアン家具やアジアン雑貨は、同じアジア圏にある日本の家具などとも調和がとりやすく、予算の許す範囲で最大限の効果が出るように工夫することも楽しいものです。


RSS関連リンク


アジアン 家具


アジアン 家具ってどう? いざ、家具制作や、インテリアリフォームを考えているとき、どんなデザインや、レイアウトにしようか考えませんか? へのへのマンは、チラシ、氣に入った雑誌などをスクラップブックに貼って、良く眺めているよ。 ...


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。